RC-NETに出来ること 講演/研修について

 
 

以下の内容や、ご依頼に応じて内容をアレンジしての講演/研修などをお受けしています。


☆研修「性暴力が与える影響について」

RTS(レイプトラウマ症候群)を基軸として、レイプサバイバーに起こり得る心身そして外的影響についてを解説します。

担当:岡田


☆研修「多層化するトラウマとその後の影響について」

虐待やいじめなどの暴力的環境や、セクシュアル・マイノリティとして生きる中での困難を抱えて生きてくる中で、トラウマの影響は複雑化します。複雑化し、多層化するトラウマについての理解がサバイバーサポートには欠かせない視点となる、ということについて解説します。

担当:岡田


☆研修「LGBTQレイプサバイバーから見る社会」

LGBTQの基礎解説から、LGBTQレイプサバイバー特有の困難についてを解説します。

担当:宇佐美


☆研修「各国での実践と日本での支援の今後」

アメリカのレイプクライシスセンターでの実践を、各プログラムや他機関連携を含めて解説します。

担当:岡田 宇佐美


☆ワークショップ「想いをカタチにする」

性暴力とは?サバイバーとは?それぞれを学びながら、自分なりの言葉や表現を見つけて行くワークショップです。

担当:岡田 宇佐美


☆ワークショップ「相談対応ロールプレイ」

各種事例検討と共に、相談員としての対応スキルトレーニングをします。

担当:宇佐美


☆講演「当事者として生きる」

レイプサバイバーとして生きてきたこれまでを一方的に語ります。その時何があったらもっと生きやすかったか、その時どんな対応があればもっと希望が持てたのか、考える機会になればと思います。

担当:岡田 宇佐美


<諸費用>

費用:交通費+(必要な場合)宿泊費+講師料2万円~

(資金難などによる講師料については適宜、ご相談ください。)

 

 

RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク)

講演/研修について

ご依頼は

rc-net # goo.jp まで

(#を@に変更して下さい)

岡田 実穂

RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク)代表

1984年生まれ。

専門はRTS(レイプトラウマ症候群)と当事者研究。

宇佐美 翔子

 

RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク)副代表

1968年青森生まれ。

LGBTQQアドボケーター。

DVや性暴力サバイバー、セクシュアル・マイノリティ、セックスワーカーの相談業務、直接支援担当。